読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段使いのミニベロメンテ

快適な街乗り仕様のミニベロを探求するブログ

タイヤをSCHWALBE(シュワルベ) デュラノに交換して細くする。

自転車で快適に走るためのカスタムとしてタイヤ(ゴム)交換は効果が大きいと思います。

f:id:cooklemini:20150413001611j:plain

タイヤを細くすると速くなる

同じ自転車でもタイヤを細くするだけで地面との接する面積が小さくなるので、転がり抵抗が減って楽にスピードが出ます。「ほんとに同じ自転車なの?」と思うくらい楽に進みます。

20インチのタイヤには規格が2つある

20インチのタイヤには406と451の規格があります。451の方が幅が細くて円周が少し大きいので406よりスピードが出やすいのですが、パンク耐性や空気抜けなどの日常利用を考えて406のタイヤがつけられるKHS F-20Tを選んでいます。

20インチの406のタイヤとしては定番のシュワルベのデュラノを選んでいます。

タイヤにはビードとよばれるワイヤーが入っていてしっかりしているもの(その分、重い)と、入っていないもの(軽いし、折りたためるので持ち運びが楽)があります。今回は日常でつけるタイヤなのでビード入りのものを選びました。

チューブも同じくシュワルベ。

SCHWALBE(シュワルベ) 20×1.10/1.50、20×11/8(406)用チューブ 米式バルブ 6AV【正規品】

SCHWALBE(シュワルベ) 20×1.10/1.50、20×11/8(406)用チューブ 米式バルブ 6AV【正規品】

 

交換前後の細さの変化

406でも細いのを買えば普通の自転車に比べて細くなります。
もともとついていたのは20×1.50ですが、

f:id:cooklemini:20150322121615j:plain

 

20×1.10にすると半分くらいの細さになります。

f:id:cooklemini:20150413001550j:plain

 

タイヤを変えたので、次回はホイールバランスを調整します。

cooklemini.hatenadiary.jp